2020年07月25日

民法189 判例六法 丸暗記ドリル #司法試験 #司法書士試験 #行政書士試験


★今日の問題★
次の記述の正誤を答えよ。

宅地の売買においてその目的物を登記簿に記載してある字地番地目および坪数をもって表示した場合は、売主が右坪数のあることを表示したものというべきである。


10秒で考えよう。よーいドン!

1秒

2秒

3秒

4秒

5秒

6秒

7秒

8秒

9秒

10秒

★今日の解説★

間違い。
 次の判例のとおり。

 数量指示売買とは、当事者において目的物の実際に有する数量を確保するため、その一定の面積、容積、重量、員数または尺度あることを売主が契約において表示し、かつ、この数量を基礎として代金額が定められた売買を指称するものである。
 ところで、土地の売買において目的物を特定表示するのに、登記簿に記載してある字地番地目および坪数をもつてすることが通例であるが、登記簿記載の坪数は必ずしも実測の坪数と一致するものではないから、売買契約において目的たる土地を登記簿記載の坪数をもつて表示したとしても、これでもつて直ちに売主がその坪数のあることを表示したものというべきではない。(最判昭和43年8月20日)




□ 判例を覚えるなら肢別100問ドリルシリーズが手っ取り早い

判例六法に掲載されている条文と判例を第一条から読んでいこうとしても、途中で眠くなったり、挫折しまうものです。

やはり、問題を解きながら、覚えるのが最も効率が良いものです。

肢別100問ドリルシリーズでは、一般的な判例六法に掲載されている重要判例のほぼすべてを問題化しました。

肢別100問ドリルシリーズを一通り終えてしまえば、一般的な判例六法を完全に制覇したことになります。




【司法試験入門・司法書士・行政書士試験対策】民法判例 肢別100問ドリル 1  暗記カード式判例問題集

【司法試験入門・司法書士・行政書士試験対策】民法判例 肢別100問ドリル 2  暗記カード式判例問題集

【司法試験入門・司法書士・行政書士試験対策】民法判例 肢別100問ドリル 3  暗記カード式判例問題集

【司法試験入門・司法書士・行政書士試験対策】民法判例 肢別100問ドリル 4  暗記カード式判例問題集

【司法試験入門・司法書士・行政書士試験対策】民法判例 肢別100問ドリル 5  暗記カード式判例問題集

【司法試験入門・司法書士・行政書士試験対策】民法判例 肢別100問ドリル 6  暗記カード式判例問題集

【司法試験入門・司法書士・行政書士試験対策】民法判例 肢別100問ドリル 7  暗記カード式判例問題集

【司法試験入門・司法書士・行政書士試験対策】民法判例 肢別100問ドリル 8  暗記カード式判例問題集



posted by 判例ラノベ化プロジェクト at 19:14| オリジナル問題